セカンドオピニオン業務もお任せください

  • もっと効果的な節税方法はないのだろうか……?
  • 決算方法は今のままで問題ないのだろうか……?
  • 顧問税理士とうまくコミュニケーションが取れていない……

このようなお悩みをお持ちの経営者様も多いのではないでしょうか。
特に、法改正が頻繁に繰り返されている昨今では、法人税においても資産税においても、顧問の先生お一人の税務解釈だけを頼りに経営を進めていくことにリスクが伴うケースも想定されます。
また、先代からお付き合いのある先生の場合、遠慮してしまい相談しにくいという場合もあるようです。

もう一人のアドバイザーとして、別の視点からのご意見を差し上げます。

このような経営者様のアドバイザーとして、el-A 上野幸治税理士事務所ではセカンドオピニオン業務も承っています。最新の税制動向を踏まえ、別の視点からの税務解釈をご説明。できる限りご相談者様と近い距離で、親身になってご相談させていただきます。

事業承継対策はもちろん、各種法人税関連業務、相続税関連業務など、どのようなことでも遠慮なくご相談ください。

セカンドオピニオン契約について

セカンドオピニオン契約につきましては、顧問契約またはスポット契約のどちらでもご対応させていただきます。

顧問契約

電話、メールおよびファックスなど、疑問やご相談に随時対応いたします。この場合の報酬は、現在毎月5万円(税別)程度からお引き受けしております。

スポット契約

下記税務意見表明書の作成のご依頼を承ります。税務意見表明書作成の報酬の目安は、おおむね1ページ1万円(別途顧問契約をいただいております場合には、3~5割程度ディスカウントさせていただいております)が目安となります。ただし、内容などによって上下しますことを、あらかじめご了承ください。

  • 税務意見表明書の作成をご希望の場合には、原則として、ご依頼内容のヒアリングから3~7営業日で税務意見表明書を作成し納品させていただきます。
  • ただし、案件によって内容を確認しなければならない場合には、別途ご相談させていただきます。
  • また、お急ぎの場合につきましても別途ご相談させていただきます。
このページの上部に戻る